FC2ブログ

お手洗いの使い方 * フライトで学んだ事

フライトの事
11 /17 2018
飛行機のトイレに案内板が貼ってあると思います、
「次にご使用になる方のために、シンクを簡単にお拭き願います」
最近ないのかもしれませんが。

どうでしょう、ある日べっぴんさんの後にトイレに入ると
歯磨きした泡がそのまま、タオルを使わずパッパッと手をはらったのか水浸し
え、この便座で、、、なんて事、想像したくありません。
あのべっぴんさんったら、いつも汚れているお手洗いをお使いなのね、
って事になりショックです。

自宅の話ですが「汚部屋出身」の家族でさえ、
汚したらトイレットペーパーで拭ってくれています。
その気遣いが嬉しいではないですか、ありがとう感謝だわ♪
ついでに掃除用のアルコールの在り処も教えてあります。

汚れたらその場で、その都度、処理するだけ。
自分も楽だし、次に使う人も気持ち良く使えるでしょう。

機内トイレのこのプレートに、JALの誇りを感じてしまいます。
もちろんこんな表示はないに越した事はありませんが、
昔の日本のJALにしかできない、さりげなくお願いする方法だと思います。

JALのトイレは世界一とずっと言われ続けてきました。
最近よく使われる「おもてなし」、JALでは昔から当たり前です。
お互いが気持ち良く、日本人が昔から持っている普通の気遣いですね。

お客様のお蔭もあるのです。少しの気遣いを大切にしたいです。

hinomaruko

整理収納アドバイザー1級を持つ50代の元CA客室乗務員です。
31歳で胃全摘出するも、元気でフライトしていました。
43歳で右乳癌で休職中、早期退職しました。
まだ後遺症はあるけれど、元気にたくましく生活しています。