FC2ブログ

薬が飲めない * 胃切除後の難儀な事

Stomach
10 /01 2018
胃袋の手術をしたら、しばらくは効果のある薬(経口薬)が飲めなくて
治る症状も良くならない、損だ、不幸だ、と術後しばらく考えていました。
ずっと食事の訓練が上手くいかず、後から手術した人が先に退院していく中、
悪いことばかり考える毎日でした。

手術後はクリニカルパスに則って、食事指導を受けながら
消化管と消化器を慣らすように、段階を追って食事をしていきます。
入院中は贅沢にも!?上げ膳下げ膳、安心して食事に取り組めば良いのです。
特に消化器系の人は食べるのも仕事、食べ方も訓練次第で努力次第で、
その後の人生の質をも変える技を身に付けられる良い機会でもあります。

流動食(おもゆ)→三分粥→五分粥→全粥と進んでいき、
都度食べる量の目標も記された表を元に、慎重に1歩1歩進んでいきます。

でも流動食すら口を通らない、水分もほんの少しずつしか口を通せないので
食事に精一杯で、薬を飲むどころではありませんでした。

目標の半分の量も食べられなかったのに、薬を飲むなんて...
薬を飲むのは苦痛以外の何物でもなくなってしまいました。
一口飲み込む度にひっくり返りそうになるほど苦しくて半泣きで、
一包飲むのに10分位掛かりました、ヘトヘトです。

これを飲めば良くなるんだ、と心に言い聞かせて薬に思いも込めるのですが
なかなか喉を通ってくれず、その後も腸の深い部分に落ちて行くまで、
いえ、その途中を感じながら腸が落ち着くまで七転八倒が続きました。

術後20年経った今は、刺激の強いものは腸を通過するのがわかり、
いつまでも腸に苦々しさが残ったりする食べ物もあれば、
薬は特に粉末状のものは、水で流してもへばりついたまま
離れないように感じるものもあります。
そして水分量が多いと腸が重だるく、お腹いっぱいになってしまうので
薬が多いのはやはりシンドイです。

鉄剤や漢方薬は、食後直ぐは避けて空腹時に摂るよう指示されますが、
空腹(に感じている)時に大量の水分では気持ちが悪くなるので、
チビチビ飲むしかありません。喉越し悪し...

子宮筋腫があり、年に一度ガン検診と共に婦人科を受診すると
女性向けの漢方薬を処方されるのですが、それがシンドイ...
香りも苦味も嫌いではありません、むしろ効果がありそうで、
深呼吸して吸いたくなるほど好きな香りです。

でも喉から小腸辺りまで違和感が残り、軽く吐き気も感じます。
これは軽い副作用だそうです。
飲みたくないけど、効果はあるから頑張って1ヵ月は飲んでみるか...
処方されて2週間になりますが、吐き気が残るので自分の判断で止めました。
明日、検査結果を聞きに行く時に止めてもらおうと思います。
できれば、いえやはり食事を優先させたいです。
ドイツ旅行 615
本日のタイトル「難儀」な事について、書いてハタと気付きました。
WEBの辞典で調べてみると、現代では主に関西地方でしか使われないようです。
そういえば、昔は関西に住むまで聞いた事もなかった...

1 苦しみ悩むこと。苦労すること。また、そのさま。
2 面倒なこと。迷惑なこと。また、そのさま。
3 処理するのがむずかしいこと。また、そのさま。一大事。

まさに私が表現したかった意味があった、ドンピシャ。
薬には苦労しましたわ、薬は面倒で厄介なものですわ、
まあ信頼もしてますけど♪

hinomaruko

整理収納アドバイザー1級を持つ50代の元CA客室乗務員です。
31歳で胃全摘出するも、元気でフライトしていました。
43歳で右乳癌で休職中、早期退職しました。
まだ後遺症はあるけれど、元気にたくましく生活しています。