FC2ブログ

「におわない」は洗濯機から* 掃除のTips 毎日のルーティーン

家事のTips
11 /22 2018

大切な家族と私を守ってくれる服やタオルや寝具を
カビ混在の洗濯機で洗うなんて、考えられませんわ...

なんて言って、洗濯槽にカビを生やさないよう使ったらすぐ水気を取って
乾燥させているだけです、これで絶対ニオワナイ。

洗濯物を取り出して畳んだら、洗剤投入口も外して全体を
洗濯したタオルで拭いて水気を拭います。
IMG_0019.jpg
ゴムパッキンの部分や、プラスチック部分の溝も拭きます。
IMG_0967.jpg
ゴミ取りフィルターを裏返して、ゴミをティッシュで取り、
使わない乾燥機用フィルターの所に干して終了、所要時間50秒!
そのまま数時間、開けっ放しにします。
IMG_0038.jpg
着用後の汚れた衣類は、洗濯機には入れません。
特に汗などで濡れた状態のものは、ニオイとカビの元です。

実家の洗濯機は穴開きタイプの洗濯槽なので
酸素系漂白剤で「オキシ漬け」して掃除した事があります。
とろとろ若布?ピロピロ?が発生して、きれいにはなりましたが
次回洗濯機を選ぶ際は、穴開きタイプでないものを薦めようと思います。

穴開きタイプでない洗濯機はカビは発生しづらいと思いますが、
ゴムやプラスチックの部分は濡れたままだとすぐにカビてしまいます。
水気を取ってあげるだけで、ニオイの元のカビは防げます。
湿気の多い日本では、水場は水気との戦いですね、50秒だけど。

私は洗濯の時に、重曹や酸素系漂白剤も使うので、
排水管も自動的に!?掃除されているようです。
マンションの排水溝掃除の時に確認すると、排水管のパイプも
あまり汚れていませんでした。科学の力は偉大です。
IMG_0065.jpg
使い終わったら後のひと手間で、洗濯機も洗濯物もニオイません。
きれいを保てます。

hinomaruko

整理収納アドバイザー1級を持つ50代の元CA客室乗務員です。
31歳で胃全摘出するも、元気でフライトしていました。
43歳で右乳癌で休職中、早期退職しました。
まだ後遺症はあるけれど、元気にたくましく生活しています。