FC2ブログ

絶対に焼かない!②ダブルでトリプルで紫外線対策*アンチエイジングと健康

アンチエイジングと健康
08 /26 2018
今年はまだまだ油断大敵です!

日焼け止めクリームやパウダーなどの化粧品、しっかり紫外線対策できているか商品の効用や使い方を再確認しました。

長年愛用しているのは、FTCフェリーチェトワコのUVパーフェクトクリーム プレミアム50。伸びが良く、白浮きや重たさがなく日焼け止め効果も高く、化粧下地としても優秀で、肌が明るく仕上がり一年中愛用しています。君島十和子さんが、絶対に焼かないために商品開発されているそうで頼りになります。
IMG_0348.jpg
FTC UVパーフェクトクリームFTC UVパーフェクトクリーム 
FTC UVパーフェクトボディスプレーFTC UVボディスプレー

FTC商品ははボディ用がスプレータイプのみになり、デコルテや腕全体、外出時は足の甲にもUVクリームを塗ります。

足の甲は更にスプレーもかけて、ダブルで防御します。足の甲は日傘も届かず、結構焼けてしまうので要注意。

外出時はハンドクリームを、日焼け止めとしてしっかり塗ります。
UVカットと美白効果もあるハンドクリームは、外出時の必携品です。
IMG_0356.jpg
FTC ザホワイトニング ハンドセラムFTC ザ ホワイトニング ハンドセラム PW

日傘を使えない車の中などでは、UVカット機能のある羽織り物やアームグローブも使ってトリプルで紫外線を防御します。二重にも三重にも防御作戦です。

お年頃になったら、自分の納得できる度合いまで、日焼け対策は「絶対」というレベルまで気を付けるに越した事はありません。
年をとったらわかる、うん、本当に先輩達の先人達の言う通りでした。5年後10年後のお肌のために、自分のために、手を掛けてあげたいですね。

絶対に焼かない!①まだまだ油断大敵 * アンチエイジングと健康

アンチエイジングと健康
08 /25 2018
ある程度の年齢になったら、そして「焼かない」と決めたら、身体のためにお肌のために紫外線対策は抜かりなく!今年は特に、まだまだ気が抜けません。

去年、油断していたら腕にシミが出来てしまい、今年は徹底して焼かないよう作戦を練り直しです。

日傘を7月末に買い替え、外出が安心になりました。傘の中はマイナス1度という、一級遮光遮熱の加工が施された晴雨兼用の日傘です。
IMG_0347.jpg
店員さん曰く、遮光率99%加工となっていても、その効果は3年が寿命だそうなのですが、一級遮光遮熱加工されたものは、その数倍寿命があると言われているそうです。

今年の悪天候で、愛用の日傘が何度もお猪口になって、とうとう穴が開いてしまいました。もう5年以上使っていたから、ほとんど紫外線予防も出来ていなかったでしょうし、穴まで開いたらマズイでしょう。その足で地下鉄に乗って、百貨店へ飛んで行きましたよ、電車ではなく敢えて地下鉄で。

セールになっていたので30%引きで買えましたが、セール時期でなくても遮熱加工されたものは毎年売れ行きが良く、リピート買いする人も多いそうです。それなりの効果を感じるから、2本目も欲しくなるのでしょうね。

そしてサングラス!目から紫外線が入り、日焼けしてしまうのはもはや常識ですね、目もしっかり守らなければ!
IMG_0346.jpg
今年は、鼻に跡がつかないサングラスに買い換えました。ちょこサン、ちょこSun、ちょこっとサングラスという商品です。Choco Sun

こめかみの辺りでしっかりホールドされるので動かず、鼻にも頬にもメガネが当たらないから、日焼け止めやファンデーションがよれたり剥がれたりしません。デザインのラインナップが少ないのが難点かもしれませんが、今回購入に際してフェラガモとシャネルのサングラスとも比較検討して、案外モードでクールなデザインだと思い自己満足、え?

当たる部分がツボなのか、とても快適で軽くて、視力が安定したら老眼鏡リーディンググラスもこのタイプを選ぼうと思います。ブルーライトもカットしてくれるし、他のメーカーではスポーツ用もあるようです。

外に洗濯物を干す時は、サンバイザーをしっかり被って。
IMG_0164.jpg
なんだかマダムっぽいわ♪短時間で手際良く。

持ち物を再確認すると、紫外線対策の効果が高まるかもしれません。数年でモノは進化しています、新しいものに買い換えられてヨカッタ。

肌をきれいに魅せるペディキュア*夏のたしなみ

アンチエイジングと健康
07 /28 2018
多分きっと絶対、誰の肌でもきれいに見せてくれるネイルカラー。
IMG_0149.jpg
「OPIのNLB20=chodolate」コッパー(銅)ベースでパール入り、照度や角度で微妙な色に変わり、日焼けしていない青味のある肌でも、日焼けした褐色の肌でも、どちらにも使える色=誰にでも合う色だと、頼りになるシンガポールのネイル屋さんに教えてもらいました。大人っぽいわりに、健康的で内側から輝く肌に見せてくれる色だと思います。

カラー診断で、ゴールド系でもシルバー系でもどちらも転べるニュートラルと診断された私は、かれこれ15年以上、ペディキュアにはこの色にお世話になっていますが、今は廃番になっているようです、なくなったらどうしよう。

どこで買ったか覚えていませんが、アメリカかシンガポールだと思うので、もう10年位前のものだと思います。(まだ使ってんのかい、って?ごめんあそばせ...)さすがに去年から薄め液Thinnerを使い始めましたが、年に2回から3回の利用で、あと半分位残っています。メチャクチャ、コスパも良いですわ。

そのシンガポールのネイリストさんは仲間内では世界一と評されていて、足の爪の伸びが悪い私では3か月は保つ程、徹底的に角質落しとネイル磨きをしてから気合を入れて仕上げてくれました。保湿もマッサージも完璧でした。

手の方はNail Envyのみで質素に仕上げ、夏限定でペディキュアに命を掛けています。手元には生活が現れると言いますが、夏の足元はもっとその人の生活が見えてしまうと思うのです。角質ケアも合わせて、夏のたしなみですね。

日本で奮発してネイルサロンでお願いしても、シンガポールのお姉さんのようには仕上がらず、自分で磨いて仕上げた方が長くもつ気がするので、サンダルを履く時期は気合を入れて自分で手入れをしています。ネイルサロンに行かないセルフネイル派の私は、ケチでもありますが、カラーの前の手入れが肝心♪とお姉さんを思い出して足の爪に向き合います。

親指だけはエナメルが剥がれやすいので、たまに上からラメ等を塗ってあげても面白い仕上がりで、色違いでもそれなりに魅せてくれて、足元は遊ぶ事もできるのです。どんな職業でも、手の事は言われても、足の事はマニキュア禁止とか言われませんから自由な気分です。見えないところこそ、本当は一年中きれいにしておきたいです。
IMG_0120.jpg
Yeaaa~h!おばちゃん気張ったけど、仕上がりも爪もボコボコやん。。。

やまとなでしこよ!婦人科検診を受けよう!*アンチエイジングと健康

アンチエイジングと健康
07 /14 2018
イヤだけど!今年も婦人科検診の季節がやってきました。

毎年、誕生日の頃に予約して婦人科クリニックで子宮がん検診をお願いしています。頸部と体部=子宮頸がんと子宮体がんです。

年に一度の家族集団健診の際、婦人科健診も無料で受けられるのですが、私は既往症があるため医療機関で受診しています。

はっきり言って、婦人科の検査が苦手です...得意な人はいないかしら。診察台では吐きそうになるのですが、大の大人がみっともないので、深呼吸して~大丈夫落ち着いて!大丈夫落ち着いて!と、懸命に心を落ち着かせて臨みます。

2010年頃に子宮筋腫が見つかり、経過観察していました。多少は育ったものの、幸いにも成長は遅く、こちらは閉経を待つ事になりました。今年は完全に閉経したようなので、今後に請うご期待とします。

体部の検査は、屈曲のせいで検査が上手くいかずに断念する年もありますが、自覚症状はなくても毎年お願いしています。検査当日は出血も避けられず、気分まで滅入ってしまいますが、頑張りますわっ。

そこまでして受けなくてはいけない子宮体がん検査は、乳がん罹患者には薦められています。自覚症状がなければ不要という意見もありましたが、閉経後はリスクが高くなるのでMUSTと考えます。

勤務先等と提携している集団健診が一般的ですが、自治体の補助でもガン検診が受けられます。

2018年度の横浜市の場合、子宮がん検診は2年度に1回、20歳以上の女性に補助があります。
・検査は子宮がん検診を実施している医療機関でなら、どこでも受けられます。
・窓口費用負担は、頸部のみ1360円。
 頸部+体部は2620円。体部は医師が必要と判断した場合のみだそうです。

乳がん検診は、40歳以上の女性、2年に1回、問診+視触診+マンモグラフィです。費用は1370円(視触診690円、マンモグラフィ680円)。

医療機関へ電話して「横浜市のガン検診検診を受けたい」旨、申し出て予約するだけです。横浜市から届いた医療機関名簿を見ると、近くの婦人科医院がカバーされています。長く通いやすい所が良いですね。

横浜市はパンフレットが届きますが、自治体のホームページ等でわかりやすく案内されています。http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/14594.html 

先日の集団健診で感じた事ですが、以前より特に婦人科検診の重要性が浸透して、当たり前になってきたように思います。勤めていた会社でも、以前はなかった検査が、現在は社内健康診断の日に受けられるようになりました。それだけ若年層にもがん罹患者が増えているという事だとも思いますが、がん検診はもはや必須だという事です。がんは早期発見して適切な治療をすれば治る病気だと、横浜市の検診案内ガイドにも記載されています。

女性の多い職場だったので、婦人科がらみの話は本当によく話題になっていました。不調があればまず婦人科に行けば間違いと話していたくらい、婦人科の疾患が多い職場でした。
中には、面倒だしー痛いしー怖いしーと、若い頃から婦人科検診を頑なに拒否していた人が多くいました。不定期なフライトスケジュールでは、生理の周期に合わせて休みも取りづらいし、確かに少し勇気のいる検査です。逆に毎年この日と決めて、同期数人と食事会を兼ねて、リフレッシュデーと称して検診日を作っている先輩もいました、響きも良い羨ましいプランです。
K-DAY(健康増進デイ)と呼ばれる健康診断の日に、オプションで有料でも構わないから検査できたら受診しやすくて良いのにね、と話していたのですが、現在はそれが実現して無料で受診できるのですから、OGとしてもこの上なく安心です。

イヤだけど...結構気楽に受けられる検査だから、声を掛け合って検査を受けに行ってみましょう。早期発見、早期治療、できます!
大人女子ですもの!やまとなでしこよ!検査は女性のたしなみ、受けに行きましょう!
検査に行って、益々美しく!しなやかに!健やかに!元気にいきましょう。
IMG_0389.jpg

乳がん検診については、改めて♪

お年頃女子の貧血*アンチエイジングと健康

アンチエイジングと健康
07 /12 2018
2017年7月、家族健診を受けた翌々日に電話があり、今すぐ医療機関に掛かるよう指示を受けました。

「血色素量ヘモグロビンの数値が9.2(正常値11.3~15.2)で、異常値があるのですが、大丈夫ですか?健診会場には来られたようですが、今日は普通に立っていられますか?」

え?自覚症状は特にありません。
あるとすれば、ここ一年位ある軽いめまいがあるくらいかなあ、閉経間近だし。

数日後、掛かりつけの内科に行くと数値は更に低く7.9、先生にも、普通に生活出来ている?と驚かれました。

子供の頃は、女性に多い鉄欠乏性貧血があり、成人してからは定期健診でたまに指摘されていました。1998年手術後の定期検診でも鉄剤を処方されましたが、改善して中止&悪化して再開、を繰り返していました。

これだけ数値が低いと血が足りていないという事で、どこからか出血しているかもしれないので、急ぎ検便も行い、陽性であれば大腸内視鏡検査もすると言われました。

え?そんなに悪いの?

同年代の友人に比べると若く見られ、あまり更年期の症状を感じた事もないので、たかが貧血と甘くみていたのです。
VB12を飲んでいるしー、悪くなっても鉄剤でカバー出来るしー、いつもの貧血だろうしー、まあ更年期だからねーと、あまり深く考えていませんでした。でも確かに、めまいでも更年期のせいだけには出来ません。貧血ひとつが、身体の色々な働きが不良だという事の表れです。

検便の結果は陰性、鉄剤の効果があり鉄欠乏性貧血の症状はなくなりましたが、今回は肝を冷やしました。ちょうど婦人科の定期検診もあり、閉経間近の症状だろうという事でした。

よくお茶やコーヒーなどは鉄剤の吸収を妨げるから、鉄剤は食間(食事と食事の間、胃袋が空の状態)に摂るよう言われていますが、他の食材でも栄養の吸収を阻害する事もあるので、あイのない私はもっと気をつけなければと反省した次第です。

タイトルにお年頃女子としたのは、ふざけている訳でもなく(いえ、ダジャレ好き!?)、閉経を迎える更年期女子にも、よくある貧血だからです。年齢に関係なく!体調にも関係なく、もっと自分の身体に意識を持ってあげないといけませんね。

明日は集団健診、一年間のちょっと意識した生活習慣で臨んで、検査結果もOKでありますように。

DSC_0767.jpg
南国の花のオンパレード

hinomaruko

整理収納アドバイザー1級を持つ50代の元CA客室乗務員です。
31歳で胃全摘出するも、元気でフライトしていました。
43歳で右乳癌で休職中、早期退職しました。
まだ後遺症はあるけれど、元気にたくましく生活しています。