FC2ブログ

クリスマスイの食卓で * 胃切除後20年 ちょっと特別な日の食卓

Stomach
12 /25 2018
昨日投稿させて頂きました、クリスマスの自宅ごはん主菜です。
2018クリスマスCHX
メインは、かなり大きめの立派な骨付きローストチキンです。
スーパーのパック入りではなく、お肉屋さんで買ったので
小ぶりの鶏が見つからず、食べきれずに余るのを承知で
野菜もたっぷり一緒にオーブンで焼きました。
これにトマトと玉葱と葉っぱだらけのサラダを添えて、さっぱりと。

クリスチャンではありませんが、キリスト教を少し勉強すると
日本ならではの、キリスト教に関係ないクリスマスの過ごし方も悪くないと思い
調理の楽なローストチキンをいつからか毎年用意しています。

お酒を用意する食卓=特別な感じのする食卓は、
「いただきます」と手を合わせた時にドキッとしてしまいます。
こんなにいっぱい食べられるかな、と。

お皿に載った全ての食糧(食料ではありません)が一瞬にして
神々しく思えてしまうのです。
こんな有難いもの、こんなに沢山、食べていいのかな。

食べ始めたら現実に戻り、美味しいと早食いになりそうだし、
料理の出来はどうだったか気になったり、
食べてくれる人の反応が気になったり...忙しいものです。

楽しく会話していても、ふと、あの頃は...と思い出してしまいます。

術後1年目は、自分ではまだ台所に立つ事はおろか
オーブン料理なんて取り組む気力も体力もありませんでした。
術後8ヶ月のクリスマスは食べる量も少なく、例えば今日のメニューなら
鶏を小さく3切れ、付け合せの野菜を小さく1cm角で一口ずつ、
それだけ食べればお腹いっぱい胸いっぱいでした。

術後2年目のクリスマスは、胆嚢も摘出した3か月後だったのですが
結婚式に2回招待されて、フランス料理のフルコースを一皿半分ずつ位、
欲張って食べた記憶があります。
周りは親族や気の置ける友人ばかりだったので、甘えて
お料理を半分は手伝ってもらい(食べてもらい)、
お祝い気分を損なうことなく食事も楽しめて、幸せいっぱいでした。

今年こそお皿に盛ったものは完食しましたが、
お酒も呑んでしまったので心臓バクバクドキドキで、
なかなか片付けも出来ず、台所の流しに立つのが一苦労でした。
術後20年経っても、欲張りは厳禁、変わらずです。

昼御飯は、ほうとう一人分約100gの麺を野菜たっぷりの汁で煮込み、
夫婦2人で食べて、夜までほとんど空腹を感じませんでした。
ですから夜御飯は無理矢理食べる事になった形です。
もっと軽いお昼御飯にするべきでした、が、
せっかく用意した食材だからと、やはり食べてしまうのです。

麺類はたしかに腹持ちが良いですね、たまに失敗しますが、
いつも麺の量は、家族7:私3くらいの量で、具沢山汁も手伝うと
2人で1人分100g位で十分満足します、多いくらいです。

今回のほうとうは、欠かせない南瓜、豚肉にんじんキャベツ長葱、
椎茸しめじ舞茸お揚げホウレンソウを入れました。
ひと鍋で完結するので、調理する者としては気楽なメニューで
様々な食材のダシが出て、どう作っても何とか美味しく作れます。
ごぼうや里芋なども入れたら、もっと本格的になるはずですが
根菜山盛りだと、普通の人でも半分も食べ切れないと思います。
そりゃあ健常者でも、お腹いっぱいでしょう。

クリスマスディナーにすると決めて前菜も用意していたのですが、
今回はパス、最近は家族も友人も腸の許容量が減ったようです。
私の方がゆっくり食べれば許容量が多いかもしれません。

お腹いっぱいで食後のデザートもナシ、と言いたいところですが
アイスクリームをスクープ半分位を食べてしまい、少しお腹が痛くなりました。
これ位の痛さなら、すぐ回復する、とやり過ごすのは良くないですね。
動けなくなる程ではありませんでしたが、ダラダラと後片付けをしました。
たまにはヨシとしましょう、食事は楽しめたので幸せです。

中年になり年を重ねるに連れて、腸も年をとって食も細くなるでしょう。
術後20年、これが食べられる量のピークかもしれませんが、
毎日の食卓を大切に、たまには楽しく過ごしていけたらと思います。

切除された皆様とご家族も、お健やかで穏やかな年末年始を過ごされますよう
お祈り申し上げます。

*クリスマス気分を盛り上げてくれるもの* X'masインテリア

インテリア
12 /24 2018

聴きたい音楽は全てクラウド上にある時代になったので、
もはやCDも不要かも、と家中のCDを断捨離中ですが、
私が絶対に手放せないCD、もう手に入らないCD♪
音楽だけでなく、ジャケットもCD自体も大好きな宝物♪

マーサCD3枚

スタンダードなクリスマスソングも、教会音楽もJAZZも
この季節に欠かせない曲ばかりのCDは、飾っておいても*X'mas**

マーサの提案するものは憧れです、なかなか真似できませんが
自分なりに小さく可愛く楽しく、Holiday気分を作ろうと思います。

クリスマス額
リビングの絵は、アメリカンカントリーな雰囲気の壁紙を台紙に
クリスマスのグリーティングカードを入れて飾りました。

*お腹が空いていないクリスマスの食卓 * X'masの家ごはん

家ごはん
12 /24 2018

クリスマスは出掛ける用事があるので、早々に家でクリスマスディナー♪

2018 クリスマス 食卓

せっかくシャンペンとオードブルも用意していたのに、
50代夫婦は昼御飯のほうとうで、まだお腹が空いていなくて
メインのローストチキンとサラダだけの食卓、ささやかながらも十分でした。
多めに焼いた野菜は余ったので、明後日チーズ焼きにでもします。

昨日の残りの赤ワイン少々で乾杯*
家族がテーブルセッティング!?してくれたので(並べてくれたので)
テーブルクロスはヨレヨレ、ナイフもフォークも曲がってる...

一昨日から仕込んだ恒例の骨付きチキンは
お肉屋さんにもらったチャップ花のお蔭で、ご馳走風になりました。
皮が焦げたけれど、オーブンレンジを新調して初めて焼いたにしては
なんとか美味しくジューシーに仕上がりました。

付け合せは、じゃがいも、さつまいも、マッシュルーム、エリンギ。
パプリカとスナップえんどうで、クリスマスカラー♪のつもり。

食後、家族は「十戒」を観ていました。
クリスマス当日は、「奇跡の丘」を観ようと思います。

お腹が空いていなくても、クリスマスCDを聴きながら
おしゃべりしていたら、心も満腹♪楽しい食卓になりました。

*少しだけクリスマスの設え リビング * X'masインテリア

インテリア
12 /22 2018

リモコン置きにしているリビングボードの上もHoliday仕様にしました。
IMG_1633.jpg
玄関と違い、こちらはシックに!?ダークグリーンと控えめな赤を添えて**
毎年友人から送られてくるクリスマスカードも飾りますが、
今年はまだ少なくさみしので、数年前のIKEAのカードと、
あまりに可愛いくて店舗でもらってきたラデュレのパンフレットも置いてみました。

でも何か物足りない...忘れていた、
通年置いているフェイクグリーンにも、おめかしさせましょう。
IMG_1635.jpg
ツヤなしのゴールドのピックをところどころに挿しました。
IMG_1636.jpg
少しだけのゴールドで、クリスマス気分が増しました**

*大人っぽい?クリスマスの設え 玄関 * X'masインテリア

インテリア
12 /21 2018
クリスマスツリーと言えば、本物のもみの木を暖炉の前に飾ってみたい。

叶いませんので、高さ40cmのツリーを玄関に飾ります。
設えと言うほどではありません。

X'mas Tree 2018
小さいけれどド迫力、全身金色のピッカピカ**

毎年このツリーを引っ張り出してきて、周りに光るモノを飾ると
気分がクリスマスモード全開になります。

2018
その時の気分で変わるのですが、手持ちのクリスマスグッズに手を加えて
ある年はナチュラル風、又ある年はシャープな感じに...(のつもり)飾ります。
でも、ある時から光り物だらけになりました。
赤や緑を使わないのが大人っぽいクリスマスだわ、と思います。
(いえ、このツリーには赤は、くどくなってしまうのです...)

我が家に来たのはいつだったか覚えていないくらい昔に買いました。
20年以上前は間違いありません、ハロッズで買った年代モノです。

クリスマスマニア!?の私は、小さな空間に飾れるツリーをずっと探していて
本物の素材に、ふんだんに吹き付けられている金色が趣味が良いのか悪いのか、
妙に入ってしまって、以来大切にしています。
毎年この子を飾らないと落ち着かない、雛人形のような存在です。

仕事もしていないのに今年は気忙しく、先日やっと日の目を見させました。
ササッと簡単に光り物を周りに置く、それだけで満足**
ゴージャスな感じに!?パールのアクセサリーも置いてみました。

2018
フェイクのグリーンを後ろに置いてみたら、派手な感じが和らいだかしら、
なんだかアンバランスな気もするけれど、今年はこれでヨシ。

ジャケットもお気に入りのCDを聴きながら、ウキウキしながら飾りつけする
何とも幸せな季節です。
CD William's Sonoma
まさに、It's the most wonderful time of the year ですね♪♪♪

hinomaruko

整理収納アドバイザー1級を持つ50代の元CA客室乗務員です。
31歳で胃全摘出するも、元気でフライトしていました。
43歳で右乳癌で休職中、早期退職しました。
まだ後遺症はあるけれど、元気にたくましく生活しています。